ゴスペル教室よくある質問

よくあるご質問にお答えいたします!

「自分は参加できるか」という疑問

制度、会費についての疑問

内容についての疑問

「自分は参加できるか」という疑問

全くの初心者ですが大丈夫でしょうか。
はい、全く問題ありません。どのプログラムもご参加いただけますが、特に「ゴスペルWeekly」は経験のあるなしに関わらず皆で楽しめる内容です。お気軽にお申し込みください。
楽譜が読めませんが大丈夫でしょうか。
はい、全く問題ありません。プログラム内ではインストラクターが全ての音をお教えします。また、パートの音が入った自習用音源もご用意いたします。楽譜が読める方のためにコーラス譜も提供していますが、プログラム内では基本的に楽譜は一切使いません。
年齢が高いのですが、若い人しかいないのではないかと不安です。
年齢の高い方でも大歓迎です。現在GQには10代~60代(おそらく?)の方々が通われています。どうぞご心配なさらないでください。もしご参加されたクラスに同世代の方がいらっしゃらなく、どうしても居心地が悪いということがありましたら、そのときはご遠慮なくご相談ください。
クリスチャンではありませんが、参加できますか。
はい、全く問題ありません。「ゴスペルは、誰でも歌えます。」がGQの合言葉です。
「趣味として」「ストレス発散」など動機は何でも構いません。ご自身にとってのゴスペルを歌うことの意味を見つけ、楽しんでいただければ何よりです。
特定のキリスト教会や宗派と関係がありますか。布教活動があるのではと心配です。
一切ありません。ゴスペルの歌詞の内容を説明することはありますが、信仰を押し付けるようなことは一切いたしませんのでご安心ください。もしもインストラクターやスタッフの言動で不快に感じることがあった場合には、ご遠慮なくご相談ください。
既に他のゴスペル教室に通っていますが、参加できますか。
はい、全く問題ありません。両立できるペースで是非楽しんでください。
子どもは参加できますか。
できます。年齢制限は特にありませんが、中学生以下の方は個別にご相談ください。
ただし、現在託児所などの設備がないため、乳幼児を連れてのご参加はご遠慮ください。
(夏休み期間に小学生の子どもを連れてきたり、乳児を自分のそばでベビーカーに寝かせて参加したりなど、一部例外も認めていますのでご相談ください。)

制度、会費についての疑問

毎週同じプログラムに参加しなければなりませんか。
いいえ。チケット制ですので、好きなときに、好きなプログラムにご参加いただけます。毎週違うプログラムに参加しても構いません。
毎週通っているプログラムに欠席する場合は、連絡が必要ですか。
いいえ。欠席の連絡は必要ありません。好きなペースでお越しください。
月会費はどのように支払いますか。
銀行口座からの自動引落しでお支払いいただきます。
チケット代はどのように支払いますか。
翌月の月会費の引き落としと同時に引き落とされます。スタジオに現金をお持ちいただく必要はありません。
チケットの有効期限はありますか。
ありません。月会費の支払いが続いている限り有効です。
休会制度はありますか。
申し訳ありませんが長期の休会(=月会費が発生しない)制度はご用意しておりません。月会費の支払いが続いている限りチケットは有効ですので、お休みは短期、長期を問わず自由です。
(事情によって休会を認めるケースもありますので、個別にご相談ください。)
退会したいときはどうすればよいですか。
最終月の8日までに、スタッフにご連絡ください。8日を過ぎますと翌月いっぱいでの退会となります。
退会の際、未使用分のチケットの払い戻しはできますか。
原則できません。何か特別な事情がある場合などは個別にご相談ください。
お盆や年末年始などの定休日はありますか。
あります。「スタジオスケジュール」や「お知らせ」でご確認くださいますようお願いいたします。メンバーの方々にはメールやプリントでご連絡いたします。
音取り音源やコーラス譜をもらうのには別料金がかかりますか。
かかりません。
国際協力活動のためのお金はどのように使われますか。
パートナーNGOの協力により、ラオスの子どもたちへの奨学金、スリランカの職業訓練センター支援に使用させていただきます。(プロジェクト一覧はこちら。)メンバーの方々にはその都度詳しいご報告をさせていただきます。

内容についての疑問

ゴスペル以外の曲(ポップスのゴスペルアレンジなど)は歌いますか。
GQはゴスペルを歌うための場所なので、基本的には英語でブラックゴスペルを歌います。
ただし、例外としては、チャリティーイベントで「We are the world」などを歌ったり、福祉施設に訪問コンサートなどをした場合に日本語の有名曲を入れたりするケースもあります。GQオリジナルの日本語ゴスペル曲もあります。
また、ここ数年はレコード会社からのCD企画で「J-POPをゴスペル調にアレンジして歌う」企画にも挑戦しています。

上記の「例外」は全て「ゴスペルWeekly」のみ。黒人インストラクターのプログラムでは、アメリカのブラックゴスペルのみを歌います。
曲は英語で歌いますか。
はい。基本的には全て英語です。歌の意味や単語の発音も丁寧に教えますので、英語が苦手な方でも大丈夫です。
プライベートレッスンはありますか。
プログラムとしてのご用意はありませんが、シャニータのプライベートレッスンをご紹介できます。詳細はお問合せください。
各プログラムに定員はありますか。
特にありませんが、スタジオの広さの関係上、最大80名くらいになります。


Page up