ゴスペル教室ゴスペルとは?

ゴスペルを簡潔に言うと・・?アメリカの黒人教会文化が生んだ「魂の歌」です。

私たちが「GOSPEL」と呼んでいる音楽は、アメリカの黒人教会で歌われている歌です。
誰か一人が歌い出せば、会場全体が総立ちになり、手を叩いたりステップを踏んだりしながら、声を張り上げて全身全霊で歌います。
「賛美歌」と比べると、より生活に根ざした歌詞が多く、聖書をベースにした前向きなメッセージが人種や国境を越え多くの人の共感を呼んでいます。

知っておきたい「ゴスペルの歴史」

[注]ゴスペルは大衆音楽であるため、地域ごとに発展の仕方が違い、文献によって様々な記述があります。
ここでは、大まかなゴスペルの歴史をご紹介します。

第一幕:スピリチュアルズ(黒人霊歌)の誕生(1620s~1860s)

17世紀、アフリカ大陸から奴隷としてアメリカ合衆国に強制的に連れてこられたアフリカンたちは、人間としての扱いを受けられず絶望的な環境下で働かされていました。その奴隷制の中で、少しずつ白人の主人から聖書を教わる奴隷たちが出てきました。多くの場合それは主人にとって「従順さ」を押し付ける格好の手段だったと言われています。その後、聖書を知った黒人奴隷たちは、主人の目を逃れてひっそりと集まり、自分たちだけで歌って踊って祈れる場を作るようになりました。建物も何もないこの集会は「Invisible Institution」(見えない教会)と呼ばれ、アメリカ南部を中心に各地に誕生しました。「教会」とありますが、彼らにとってはそれは宗教的な役割だけでなく、お互いを支えあう地域コミュニティそのものだったと伝えられています。

その中で生まれた歌が、ゴスペルの原型である「スピリチュアルズ」(黒人霊歌)です。ハーモニーやリズム、コール&レスポンスのスタイル、即興性、これらの特徴には、彼らの故郷アフリカの伝統が色濃く反映されています。歌詞においては、「コーディング」といって、聖書の言葉に自分たちなりの意味を持たせて歌っていました。聖書には「自由」「解放」という言葉が多く出てきますが、これは彼らにとって「奴隷制からの解放」を意味し、神を信じて仲間と共に歌うことで、悲劇的な境遇を耐え忍びました。

尚、1861~65年の南北戦争で奴隷制は廃止になりました。(しかし実際の生活はあまり変わらなかったようです。)

第二幕:ステージパフォーマンスへと発展(1870s~1900s)

1866年に創設された黒人学校Fisk Schoolの合唱団「Fisk Jubilee Singers」が、スピリチュアルズをステージパフォーマンスとして全国に広めました。この学校は主に、白人主人が黒人奴隷との間に設けた子どもたち(ハーフであっても、一滴でも黒人の血が混じっていたら黒人と見なされる!)のために設立された教育機関でした。しかし、やがて財政難に苦しむこととなり、学校のための寄付を募るという試みで、1871年に学生9人を集めスピリチュアルズを各地で歌って回りました。

当時、白人は黒人に何か才能があるとは全く考えていなかったため、非常に厳しい扱いを受けることもありました。しかし辛抱強い活動の結果、じきに白人聴衆にもこの黒人による合唱音楽が知られ、評価されるようになっていきました。1873年にはヨーロッパツアーも行っています。この合唱団による資金で立てられた「Jubilee Hall」は今も学内にあります。

第三幕:ゴスペルへと進化(1910s~1950s)

「ゴスペルの父」と呼ばれ、ゴスペル音楽を最初に作ったとされるのはトーマス・A・ドーシー(1899-1993 代表曲:Precious Lord, take my hand)です。1910年代~20年代はブルースやジャズが少しずつ芽を出し始め、アメリカ発の黒人音楽産業が作られていった時代です。ドーシーは牧師の息子で、始めはブルース・シンガーとしてデビューしました。その後、あるきっかけで教会に立ち返り、1930年代初頭、ブルースで培った音楽性で数多くの歌を書きました。ここから初めて「ゴスペル」と呼ばれる音楽ができ、ドーシーは自作曲の楽譜を持参して精力的に全国の教会を回って普及に努めました。ドーシーの功績はそれだけではなく、初の有料ゴスペルコンサートの開催(教会の礼拝は無料なので)、才能あるゴスペル歌手のプロモーション、初の黒人による黒人のための音楽出版社設立、などがあげられます。

ゴスペルはその後、1930~40年代にはカルテット・スタイルの黄金時代を向かえ、ポップミュージックにも大きな影響を与える音楽へと発展していきます。

第四幕:クワイヤ・スタイルの確立(1960s~)

1960年代は「公民権運動」の時代です。卑劣な人種差別に抵抗し、各地で大規模なデモ行進が行われました。そこには常に「歌」がありました。「We shall overcome」や「Oh freedom」などを、老若男女を問わず大合唱しながら進むのです。

クワイヤ・スタイル(現在日本で最もポピュラーな、大人数で3声で歌うスタイル)をゴスペル音楽の1スタイルとして確立させたのは、ジェームス・クリーブランドという人でした。彼は多数のクワイヤ曲を作曲したほか、1968年に初めてGMWA(Gospel Music Workshop of America)という大規模なゴスペルワークショップを開催し、クワイヤスタイルを浸透させていきました。このワークショップは現在でも続いており、今では日本人参加者も大勢います。日本支部もあります。

その後は全米各地のゴスペルクワイヤがCDリリースやコンサートを行うようになり、クワイヤ人気を後押ししています。近年では、カーク・フランクリンを始めとしたスターが多く誕生し、ゴスペルは全米ヒットチャートの上位に現れる音楽になりました。また、クワイヤ・スタイルにとらわれず、R&BやHip Hopのリズムにのせてゴスペル的な歌詞を歌うゴスペルスターも次々と登場しています。ゴスペルはもはや「教会の歌」ではなく、多くの人が親しめる神聖で前向きな歌として世界中に受け入れられ、広まっています。

なぜ私たちはゴスペルを歌うの?「GQにとってのゴスペル」

ゴスペルは確かに、アメリカの黒人たちが作った英語の歌であり、教会を中心に発展した音楽です。
でも、黒人で英語が話せてクリスチャンでなければゴスペルを歌う資格がないかと言われれば、GQは即座に「NO」と答えます。

ゴスペルがゴスペルと呼ばれていなかった時代、黒人たちにあったものは「アフリカ人としての音楽観」と「西欧の賛美歌」でした。

(奴隷制の時代にどこまで賛美歌を聴く機会があったかはわかりませんが、少なくともその後はAmazing Graceをはじめ多くの賛美歌のゴスペル版が生まれています。)
彼らは、耳にした聖書のメッセージを自分たちの人生に照らし合わせ、様々な意味を含ませて、祈りと共に歌いました。

例えば聖書に出てくるカナンという土地を「カナダ」(奴隷制のない地)に置き換え、「カナンへ行こう」という歌を「奴隷制から逃れたい」という思いで歌っていたといいます。言葉も、質の高い英語教育は受けられないので白人英語とは違った黒人訛りの英語です。そうして彼ら流に歌い続けた、「アフリカの民族音楽」とも「賛美歌」とも違う独自の歌が、後にゴスペルというひとつの音楽ジャンルとして認められたのです。「ゴスペルができたから黒人は力強く団結して進んでこれた」とある黒人ゴスペルアーティストは言いました。ゴスペルは、歌が「歌う人のもの」であることを教えてくれます。

ある別の黒人歌手はこう言います。
「歌は自由(Songs are free) 。同じ言葉でも、歌う人が違えば意味が違う。歌は、歌った人の込めたとおりの意味になるのよ。」
今日、クリスチャンではない日本人が感動の涙を流しながら歌っているゴスペルは、これまでのアメリカにはない、更に新しい意味を持ったゴスペルかもしれません。でも、それでもいいと思います。私たちの新しい文化を、私たちの手で創っていけばよいのではないでしょうか。

その昔日本を訪れた西洋人は、日本人の生活の隅々にまで「歌」があることに驚いたといいます。日本は民謡や作業歌や祝い歌が世界的に見ても非常に豊富な国なのです。
知っていましたか?カラオケ輸出大国である日本の人々は、昔から集まって歌うことが大好きです。生活に歌が不可欠であったといっても過言ではないでしょう。

今では、そんな民衆の歌はほとんど姿を消してしました。歌といえば「プロがステージで歌うもの」となってしまい、そのレベルに至らない人は狭いカラオケボックスでプロの歌真似をするしかないような状態です。
しかし、歌は本来上手いとか下手とか、楽譜が読めるかとか、お金になるかとかではなく、「歌う」ものです。大勢で一緒に歌えば元気が出ます。前向きな言葉を歌えば気持ちが明るくなります。ゴスペルも、本来はコンサート用の歌ではなく、普通の人たちが集まって歌うための歌です。現代に生きる私たちは、このゴスペルを通して、忘れかけていた「歌文化」を取り戻しているのかもしれません。

ゴスペルの歌詞は、人を愛すること、あきらめず前を向いて生きることを後押ししてくれます。そして一人一人は神様によって生かされている価値ある存在だと、訴えてくれます。それらを否定している宗教が、あるでしょうか。

歌う一人一人が自分の歌として、自分のためのスピリチュアルソングとしてゴスペルを歌えるような場を創っていきたい、それがGQのゴスペルに対する思いです。

(文:ゴスペルスクエア代表 Jenna)



Page up